ヴェラ@イタリアについて

産地情報:トスカーナ州 -Regione Toscana-

芸術都市の宝庫、トスカーナ州。ルネッサンス芸術の中心地であるフィレンツェ 、斜塔で有名なピサ、カンポ広場や伝統祭事パリオで知られるシエナ、塔の街サン・ジミニャーノ、中世の面影残るピエンツァの5つの街は個々に世界遺産に登録されています。他にもアレッツォ、ルッカ 、プラート、ピストイア,ヴォルテッラ等の歴史と文化の街や、赤ワインの産地キャンティ地方、モンテカティーニテルメなどの温泉地、ヴィアレッジョなどのビーチリゾート、夏のオペラで有名なトッレ・デル・ラーゴ・プッチーニ、カッラーラなど大理石の採石地等、観光素材は実にバラエティーに富んでいます。糸杉の点在するなだらかなトスカーナの丘陵の美しい景観は、世界遺産のオルチャ渓谷をはじめどこもまさに絵画的な美しさです。

トスカーナ州の州都、ルネッサンス文化が花開いた街、フィレンツェ。街の歴史的な中心部は世界遺産で、花の聖母寺ドゥオーモ、シニョリーア広場とヴェッキオ宮殿(市庁舎)、ミケランジェロ広場、ピッティ宮殿、ヴェッキオ橋とアルノ河、サンタ・クローチェ教会をはじめ、ミケランジェロやボッティチェッリ、ダ・ヴィンチ等の巨匠達の作品を鑑賞できるウッフィツィ美術館、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、サンマルコ美術館、バルジェッロ美術館、メディチ家礼拝堂等見所はつきません。

ルネッサンス時代のメディチ家に代表される貴族文化と庶民文化の融合。トスカーナ地方の食文化は多彩な歴史と深く結びついてきました。緑豊かな大地で育まれた野菜や豆を使った料理、フィレンツエ風ビーフステーキなど多様な肉料理、デザートのティラミス。どれもが素朴な食材をシンプルに料理し、豪華に仕上げているのが特徴です。他の地域に比べて味の強いトスカーナ料理は、この地方のみに見られる、塩の入っていないトスカーナパンと合わせて食べられており、固くなったパンもスープやパン粥、サラダなど多くの料理に使われます。