ヴェラ@イタリアについて

産地情報:ラツィオ州 -Regione Lazio-

永遠の都、ローマが州の顔。その郊外にもオスティア・アンティーカの遺跡や水道橋、アッピア街道など今も古代ローマ時代の面影が残っています。ティヴォリにはハドリアヌス帝の別荘ヴィッラ・アドリアーナと噴水が美しいヴィッラ・デステという二つの世界遺産があります。ローマの南東に広がる丘陵地帯カスッテッリ・ロマーニには、白ワインで有名なフラスカーティや花祭りで有名なジェンツァーノ、ローマ法王の離宮もあるカステル・ガンドルフォなどの小さな街や村、そして湖が点在しています。また、タルクイニアとチェルヴェテリにある、エトルリア時代の古墳群(ネクロポリ)も世界遺産に登録されています。

イタリアの首都ローマは、古代ローマ帝国の時代から、ルネッサンス、バロック、現代と人類のあゆみをそのまま今に伝える永遠の都。キリスト教の総本山で独立国のヴァティカン市国もローマ市内にあります。古代のロマンを追ってフォロ・ロマーノ、コロッセオ、パンテオン等へ。映画「ローマの休日」をたどるなら、スペイン階段や真実の口(サンタ・マリア・イン・コスメディン教会)、トレヴィの泉へ。ベルニーニ等芸術作品群を鑑賞するならボルゲーゼ美術館、カピトリーノ美術館、ナヴォーナ広場へ。歴史の足跡を辿るならローマ国立博物館、ヴィッラ・ジューリア・エトルリア考古学博物館。ショッピングは、コンドッティ通り、コルソ通り、ナツィオナーレ通りへ。ヴァティカン市国ではサン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ大聖堂のミケランジェロの彫刻「ピエタ」他、ヴァティカン博物館システィーナ礼拝堂のミケランジェロの天井画・壁画は必見です。

歴史、文化、芸術が豊かなこの地域は、数多くの料理も生みだしました。山に恵まれたラツィオ州は昔から豚と羊の放牧が盛んで、パンチェッタ (生ベーコン)、羊乳から作られるペコリーノチーズが特産品です。そんな食材を使ったカルボナーラ、アマトリチャーナ、アッラビアータといった世界中に名の知れたパスタ料理も実はラッツィオ州が発祥。また、トリッパ(モツの煮込み)料理も多く、セモリナ粉で作られるニョッキ、クリスピーなローマ風ピッツァなど庶民的な料理が中心なのもラツィオ地域の特徴です。