ヴェラ@イタリアについて

サプライヤー情報:ムラカ社 (トマトペースト他) -Muraca (Tomato paste, etc)-

ムラカブラザーズ -The Muraca Bros-
静かな山あい、樹齢何百年という栗の木が生い茂る高原にムラカ社はあります。

南イタリア、カラブリア州のチカーラという小さな町で、現在のオーナー兄弟の父、フェルディナンド ムラカが始めた小さな栗の加工場でその歴史は始まりました。

フェルディナンドは、チカーラの特産品である栗をたくさんの人に安心して食べてもらいたいと、栗のジャムや、コンポートを作り始めました。収穫季節が限られる栗も、加工して瓶詰めにすれば、遠いところへ運ぶこともできます。彼の心のこもったジャムやコンポートはこうして地元っ子はもとより、イタリア全土で愛されるようになりました。

「たくさんの人に南イタリアのおいしいものを安心して食べてもらいたい。」というフェルディナンドの想いは、彼の息子達が引継ぎ、欧米の人たちからも愛されるようになりました。

現在のムラカ社は3000スクエアの広大な敷地の中、衛生管理の行き届いた最新の設備で、栗はもちろん、南イタリアの太陽の恵みを受けて育った野菜や果物を加工し、遠い日本の皆様にもお届けすることができるようになりました。
会社は前よりも大きくなりましたが、ムラカ社ではフェルディナンドの想いが今日も大切にされています。そして今では、三代目であるティツィアーナが、日本の担当としてがんばっています。

Vera Italiaは、何度も工場を訪れムラカ社の誠実な仕事ぶりに、「安心して召し上がっていただく」ということを実感したのです。自然に囲まれ、先代の志を大切にするムラカ社だからできる、南イタリアの味をお確かめください。


↓ムラカ社の紹介映像をご覧ください。