赤ワイン

Sold out

スタッティ社が何年も独自の研究機関で研究を重ねたブドウ「ガリオッポ」


ミディアムボディで赤い果実みのイチゴやチェリーのような味わいやスミレの花のような豊かな香りでとても華やかでエレガントな赤ワイン。

お料理は魚料理との相性も良く、パスタ全般、軽めの肉料理、トマトソーススパゲッティと相性抜群。

製造方法:ガリオッポの持つ酸や香りを活かすために、温度管理の元(22~26℃)、低温スキンコンタクトを7日間行い、ステンレスタンクにて3ヶ月熟成。

生産地
南イタリア、カラブリア州、
カタンツァーロ県 ラ メッツィア テルメ
生産者
スタッティ社
内容量
750ml
品種
ガリオッポ100%
アルコール分
13°
サービス適度
16~18°C

産地

カラブリア州

ティレニア海とイオニア海の2つの海に挟まれ、美しい海岸線と山の両方に恵まれた カラブリア州は、エリオロカンダのオーナーエリオオルサーラ氏の故郷でもあります。 過ごしやすい気候を求めイタリア国内でも人気のあるバカンス地域としても知られて おり、その穏やかな気候は作物や畜産にも最適なため、カラブリア産にはトマト、 オリーブ、ワイン、チーズ、豚の加工食品などの特産品があり、紀元前2千年頃から の技術や伝統が現在まで受け継がれています。

生産者

スタッティ社(カラブリア州)

STATTI社はカラブリア州ラメツィアテルメにあります。 成り立ちは18世紀にはすでにオリヴとワインの生産を行っていた会社であるが、1990年ごろにスタティ兄弟の手によってモダンで先進的な会社へと成長していた。 500万m²の広い土地を持つカラブリア最大の農業地帯です。 国際市場をターゲットに品質の高いワインを作り続け、現段階の年産30万本から数年以内に70万本への増産を目標としています。

スタッティ社(カラブリア州)

STATTI社はカラブリア州ラメツィアテルメにあります。 成り立ちは18世紀にはすでにオリヴとワインの生産を行っていた会社であるが、1990年ごろにスタティ兄弟の手によってモダンで先進的な会社へと成長していた。 500万m²の広い土地を持つカラブリア最大の農業地帯です。 国際市場をターゲットに品質の高いワインを作り続け、現段階の年産30万本から数年以内に70万本への増産を目標としています。

歴史と現代の間のスタティックワイナリー

カラブリア州ラメチア・テルメにあるスタティックワインは、500万平米からなり、州最大のワイン生産地帯となっています。(現在の生産高は30万ボルト)気温が高いことで有名なイギリスである、ラメチア・テルメは海からの風通しが良く山も近いことより年間を通して比較的涼しく、最も地域栽培に適しています。また、イタリア以外にスイス、ドイツ、イギリスなどのヨーロッパ各国をはじめ、アメリカ、タイ、韓国などへ輸出される、、イタリア国内市場は生産高の60%、国際市場へは40%が消費されている

 

スタッティのプロジェクト

スタッティ兄弟は次元とのつながりが最も重視するもの、現在の国際ワイン市場への挑戦を始めました。「まだ認知度の低いカラブリア州の伝統を現代的な視点でアピールしていて、地上に古くから伝わるブドウを大事に栽培し復活させ、それから製造するワインを世界中の皆様に提供していきたい!」と意欲を述べています。地域の環境を守りつつ、ラメツィア・テルメの耐熱を最大限にするプロジェクトは90年代からスタートして現在も継続して行われている。により伝統的なブドウ品種であるガリオッポ、マリオッコ、マントニコ、グレコ・ビアンコ等を見事復活させることに成功、そしてキャラクターを最も生かしたワインを生産ラインの中心としてワインの再開発に貢献しました。
古代ローマ時代に「Enotria Tellus」(ラテン語で「ワインの大地」)といわれるほどワイン生産王国であったカラブリア州。スタッティワイナリーが目的としているのは、嘗ての様々高い知名度とハイクオリティーなワインです。を生産するということです。

ヨーロッパにおける起源
「ワイン発祥の地から」

南イタリア・カラブリア州でのブドウ栽培とワイン造りの歴史は大変古く、ギリシャ人が入植した紀元前まで、その歴史は2800年以上までさかのぼります。古代、エノトリアと言われた土地は、ブドウを栽培する人々という意味を持ち、ヨーロッパにおけるワイン文化の発祥の地とされています。多種多彩なイタリアのブドウ品種の中でも、カラブリアの地ブドウは大変特色があり、マントニコ種とマリオッコ種は南イタリアを代表する品種として世界的に親しまれています。