赤ワイン

Sold out

どっしりとした熟成感!24か月木樽熟成

完熟した赤ベリーフルーツ、プラムとスパイスの香りで複雑な力強い味わい。木の根、ハーブや森のニュアンス。柔らかくて細かい上質なタンニン。

フルボディで色はなめらかで深いルビー色。


ジビエ、肉料理全般、熟成チーズとおすすめ。

生産地
南イタリア、カラブリア州
生産者
キメントワイナリー
標高
海抜550~600m
収穫
9月中旬
内容量
750ml
品種
マリオッコ100%
アルコール分
14.5度
醸造方法
ステンレス樽で8ヶ月熟成の後、木樽で24ヶ月熟成。
ボトリングから更に6ヶ月熟成。
ヴィンテージ
2017

産地-Area-

カラブリア州

ティレニア海とイオニア海の2つの海に挟まれ、美しい海岸線と山の両方に恵まれた カラブリア州は、エリオロカンダのオーナーエリオオルサーラ氏の故郷でもあります。 過ごしやすい気候を求めイタリア国内でも人気のあるバカンス地域としても知られて おり、その穏やかな気候は作物や畜産にも最適なため、カラブリア産にはトマト、 オリーブ、ワイン、チーズ、豚の加工食品などの特産品があり、紀元前2千年頃から の技術や伝統が現在まで受け継がれています。

Calabria region

Calabria region lies between the Tyrrhenian Sea and the Ionia Sea. It also has both seasides and mountains. And Calabria is the home of Elio Orsara, the owner of Elio Locanda. It is popular as a vacation spot with a pleasant climate, which is, moreover, so suitable for agriculture and stock breeding that tomatoes, olives, wine, and cheese are famous as special products there. People there have inherited the skills and traditions from around 2000 B.C.

生産者-Producer-

キメントワイナリー Chimento Winery

キメント社は1950年にヴィンチェンツォ・キメント氏によって設立され、初めは息子のルイージへ、そして現在は孫のヴィンチェンツォによって運営されています。コセンツァから北へ約22キロ、クラーティ川を右に見てビジニャーノの村に位置する丘には15ヘクタールにも及ぶ土地が広がっています。会社の本拠地でもあり、ゲストを迎えるのは19世紀に建てられ、2002年に同じ建築家・ヴィンチェンツォ氏によって改修建築された見事な農家風の離れ家です。ブドウ畑に埋もれるように佇み、詩人のヴィンチェンツォ・パドゥーラとも関りがあり、彼は夏の休暇をこの地で過ごしました。地中海の特徴的なヤマモモ、ブルーベリー、エニシダなどが健やかに育ち、生産物であるワインを楽しめるチャーミングでホスピタリティ溢れる農場滞在型観光(アグリツーリズモ)も魅力の一つです。

輝かしく卓越した品質は、最高レベルのワインを保つための基礎でもあるブドウ畑から生まれます。ブドウ畑の品質というのはつまり、様々な作業行程を扱い方、安定性、作業方法の本質性をケアしながら、現在と伝統のバランスをとることで、その土地そのものの香りと特性を反映させたような健康で自然な商品を作ることを達成することなのです。二つの伝統あるカラブリア産ブドウ品種、マリオッコとグレーコの他にも、国際的にも優れたメルロー、カベルネソーヴィニヨン、そしてソーヴィニヨンが現在この産地に仲間入りしました。

Chimento established the Chimento winery, which his son Luigi handed down, and now his grandson Vincenzo runs it. It lies about 22 kilometers north of Cosenza and has 15 hectares of land situated at a village in Bisignano with the Crati river on your right. The head office, sometimes used as a guest house, is a beautiful country-style detached house built in the 19 century by the architect Vincenzo and renovated in 2002 by the same architect. He spent his summer holidays there surrounded by vineyards, where he interacted with the poet Vincenzo Padula from time to time. Agritourism, sightseeing with staying at farms, is also one of the appeals there. You can enjoy wine in the place featuring red bayberries, blueberries, and broom, particularly on the Mediterranean coast, which is full of charming hospitality.

That outstanding high-quality is generated in vineyards, the base for the best wine. The quality of vineyards is, that is, to create healthy and natural products reflecting the local atmosphere and characteristics by balancing the current and tradition with paying attention to the stability and essence of various processes or method. As well as traditional Calabrian grape varieties Magliocco and Greco, internationally renowned ones like Merlot, Cabernet Sauvignon, and Sauvignon joined to this production area.

ヨーロッパにおける起源
「ワイン発祥の地から」

南イタリア・カラブリア州でのブドウ栽培とワイン造りの歴史は大変古く、ギリシャ人が入植した紀元前まで、その歴史は2800年以上までさかのぼります。古代、エノトリアと言われた土地は、ブドウを栽培する人々という意味を持ち、ヨーロッパにおけるワイン文化の発祥の地とされています。多種多彩なイタリアのブドウ品種の中でも、カラブリアの地ブドウは大変特色があり、マントニコ種とマリオッコ種は南イタリアを代表する品種として世界的に親しまれています。

Calabria region

Calabria region lies between the Tyrrhenian Sea and the Ionia Sea. It also has both seasides and mountains. And Calabria is the home of Elio Orsara, the owner of Elio Locanda. It is popular as a vacation spot with a pleasant climate, which is, moreover, so suitable for agriculture and stock breeding that tomatoes, olives, wine, and cheese are famous as special products there. People there have inherited the skills and traditions from around 2000 B.C.

おいしいイタリア料理を食べたいと思う方をみんなカラブリアにお連れしたいと思っている。天才料理人で あるおばあさんのDNAをしっかり受継ぎファンタジーとインスピレーションで素材を組み合わせるセンスは 天下一品。今年の南イタリアの旅でもホンモノのイタリアを探してきました。

He wishes to bring to Calabria all the people who want to eat good Italian cuisine. He inherited the DNA from his grandmother who was an outstanding chef and has an excellent sense for combining ingredients through fantasy and inspiration. During his journey in South Italy he searched for real Italian product this year too.